注文住宅は無難なものより個性

約9万円弱の賃貸にカップルで神戸に住んでいましたが、結婚を機に両方の実家に近い大阪市に引っ越すことに。ローンの利子もかなり低いのと、平和台の両親からの勧めもあり新築住宅を建てることにしました。ローンは賃貸の時よりも少し高くなりましたが、自分のものになるので満足です。
注文住宅を建てるにあたって、洗面所は必ずダブルシンク、天井は建築条件ぎりぎりまで高くしてもらいました。私は海外に長く住んでいたので、日本の天井の賃貸マンションの高さは狭苦しく感じており、絶対にゆずれなかった点です。また、壁紙、床材も各部屋ごとにすべてテーマを決めて変えてみました。せっかくの注文住宅なので、建売の家のようにオーソドックスなものにしたくなく、海外の建築雑誌を参考に設計師の方と何度も話し合いをして決めました。結果、どこにもない私のアイデアがつまった家になったと思います。一つ計算になかったのが、一階の床冷えでした。去年、家で初めて冬を過ごしましたが、一階が思っていた以上にすごく寒く床暖房を入れておけばよかったと思います。