注文住宅を建てました

結婚してから2DKの賃貸のアパートに住んでいました。子供が産まれて物が増え、狭さを不便に感じるようになりました。そうして子供が動き回るようになった頃には平和台に新築住宅の購入を考えるようになりました。
初めは建て売りを何件も見ましたが、外観も内装もデザイン的につまらないものばかりでした。内見の帰り、たまたま通りかかった住宅展示場に寄り、注文住宅を建てようと決めました。
土地選びからになりましたが、土地はかなり狭いものの立地がよい場所に決めました。住宅雑誌を読み込みかなり勉強しました。パソコンのソフトで間取りを作ったりもしました。設計士と何度も打ち合わせして、一番の課題である狭小住宅をできる限り広く使うため、収納をなるべく多く、リビングの天井をはりをそのままにし天井を高くしました。
階段下はもちろん、階段上の部分も使いウォークインクローゼットを作りました。そのため、各寝室にタンスは不要で、狭いながらも物を置いていないのでスッキリしてみえます。リビングやキッチンにも大きめの収納があり、テレビも壁掛けにしているので家具は最小限です。
ただ、南側に隣の家があるため、窓を最小限にしてしまいました。高い位置にでも窓をつければ良かったと後悔しています。やはり南北に窓がないと風通しが悪いです。そこはかなり後悔しています。